top of page

『THE MARKERS OUR TIME』Rayan Gander

終了間近の展示会に伺いました。

ライアン•ガンダー

『われわれの時代のサイン』

東京オペラシティ アートギャラリー


特に今を生きる若い世代には、かなり響く内容ではないでしょうか。時間の捉え方に対して改めて向き合う内容。


特に入り口すぐで流していたドキュメンタリー映像、

「Me, My Selfie and I with Ryan Gander』が

めちゃくちゃ面白かった。

終盤に出てくるトランスヒューマニズムや、脳の冷凍保存をするアルコー延命財団の話は鳥肌モノだし、シリコンバレーが目指すメタバースの先には何があるのだろう、、、と人間が怖くなった。


そんな中、2階で同時開催されていた

『ライアン•ガンダーが選ぶ収蔵品展』が非常に秀逸な展示だった。

2021年開催のものを再展示しているのだが、開催に向けた彼のコメントに心が震える。

※全文は下記URLでご覧ください。


「身を任せてみよ、ものごとが違う光で見られるから」という彼の父の格言。

そして彼が最後に締めくくる、この言葉。

「時間をかけて、あなた自身の探検家になれ。ゆっくり行け。」


正に今展示会のテーマ、時間に対する彼の考えが表現されていました。

改めて摩訶不思議な世の中を生きているな、と狐につままれたような気分になった。



最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page